柄澤照文 / 足助エリア

 

皆さんは自分たちの住んでいる町の文化や歴史、由来についてどれくらい知っていますか? 街の歴史や風土を調査しながら、当時の姿を絵に描き起こしている柄澤さんにお話を伺いました。

 

 

–––旅をしていたと伺いましたが、具体的にどんな感じだったんでしょうか

 

柄澤さん 「『自分たちの普段見てる道や地名の語源はなんだろう?』と思って、その歴史を知りたくなり旅にでました。住んでいた岡崎から長野県の飯田まで、南北交通の塩の道を辿る旅です。それが絵を描きながら旅をすることになったきっかけでしたね。足助に出会ったのはその旅の途中でした」

 

–––今、足助で活動時間の多くを過ごしていらっしゃいます。そのきっかけは何かあったんでしょうか

 

柄澤さん 「足助と関わるようになったのは旅で訪れた後の頃です。足助で塩の道について詳しい人がいないかと尋ねたところ、当時の足助屋敷館長さんを紹介されました。そこで仲良くなって、足助屋敷のパンフレットを作ってほしいと頼まれたんです。それが最初の関わりです。そのまま足助屋敷に泊まりながら、半年ほど腰を据えて絵を描いてました」

 

–––その時の足助の印象は?

 

柄澤さん「旅で各地を訪れましたが、足助は面白い人が多いです。町そのものが文化的なものに対して感度が高くて、そういうものに対して物腰が柔らかい感じ」

 

–––そういう風土って、歴史的になにか理由があるんでしょうか?

 

柄澤さん「やはり交易の要衝であった歴史が関係しているんでしょう。豊かな町だったからじゃないかな。金持ちは文化的な素養がないといけない、っていう意識があったと思います。僕みたいな世間に名の知れていない人間が来ても興味を持って相手をしてくれるのは、そういう土地柄でないとね」

 

1度目の旅から戻った柄澤さんは、岡崎70周年にあわせて旧市街地の絵を描いたり、文化史年表を作ったりされたそうです。
そして2度目の旅行では東北、北海道まで足を伸ばします。
旅の中で調査し、絵を描いていくうちに、その活動について朝日新聞から声がかかり、紙面への連載も。
それ以来、広告の仕事の依頼も増えていきました。

ですがその流れの中で、『やりたいから』という活動と、依頼を受けてお金になる仕事とでは、自分の内面への響きが異なることを実感することになります。

 

–––現在ライフワークとされている屏風制作をやろうと思ったきっかけは?

 

柄澤さん「自分がやりたくないことを続けていたらダメになってしまうと気が付き、朝日新聞の広告仕事は辞めました。自分のやりたいことを続けて、それが結果的にお金になるならいいが、依頼を受けて何かを描き続ける生活は自分にはできなかったんです。

辞めてから10年間は何をしたらいいか見えませんでした。そんな時に、旅をしている際に見た江差(北海道)の屏風をみた感動を思い出したんです。庶民の暮らしから何もかもを書き込んでしまう屏風絵は面白いと気が付きました。
まずは、岡崎の城下町をテーマにして、自分も屏風絵を作ってみようと考えました。3年くらいかけてようやく1枚が完成。そして10年後の今まで屏風制作を続けてきて、現在5枚になります。それでまた人生が楽しくなってきたんです。やりたいことが溢れ出てきて、毎日頭の中が忙しい(笑) 」

 

 

柄澤さんの最新の屏風絵は足助の武将、足助次郎重範公を題材にしています。(9月26日まで足助屋敷にて展示されています)
現在の足助が、はじめて関わった当時と比べてどんな感じか、その印象をうかがいました。

 

柄澤さん 「だいぶ変わりましたね。豊田市と合併したあたりから、足助としての個性が薄れてしまった感じはします。仕組みが大きく変わって、人の繋がりが途切れて去ってしまった人も沢山いる。
でもまだ足助屋敷には面白い人が沢山いますね。そういう人たちが発信する力を持てるような仕組みや、面白い人たちを育てる仕組みを作っていくことで、「足助らしさ」を取り戻すことはできるんじゃないかなぁと思いますけどね。大変かもしれないけど、頑張ってほしいと思います」

 

 

柄澤さんは、足助の11月、「香嵐渓もみじ祭り」には、毎日出店。
心がホッとする和紙絵や、手びねりの粘土干支など、とてもカジュアルな作品を販売されています。
ぜひお立ち寄りください。

靴logi 中島徹也 / 足助エリア

 

『自分らしい暮らし』を見つけるきっかけは、すぐそばにあるかもしれません。
靴や革小物のモノづくりをしている中島徹也さんもまた、子供の頃から自分に合った暮らしを探していたそうです。

義肢装具士の専門学校を卒業した後、靴作り専門の会社に勤めていた中島さん。
働きながら靴作りのスキルを修得して数年後、地元に戻って独立し、「靴logi」としての活動を始めました。中学生の頃から『独立して自由に過ごす時間を取れるような暮らし』を考えていたそうです。

靴logiとして独立して3年後、制作の拠点を蒲郡市に移し、現在のショップをオープンさせた中島さん。以前と比べて、良い環境で仕事ができていると感じているそうです。

 

 

中島さん 「以前は出店という形で外に出ていかないと見てもらえなかったものが、お店だと色んな人に見てもらえるのが嬉しいです。地域の人からもよくしてもらったり、若い子が訪ねてきて『自分もこんな暮らしをしてみたい』って言ってくれたりも。そういう反応もらえると、今まで続けてきてよかったなと感じます。」

 

中島さんの制作する革作品は、すべてタンニンなめし*で作られています。
*化学薬品を使用しない環境配慮された皮のなめし方。使い込んでいくと柔らかくなり、色艶が増す

 

中島さん 「初めて自分で鹿の皮を剥いだ時に、今まで自分が扱っていた革とのギャップをすごく感じました。『今まで自分が思っていた命の重みと、なんか違う』って。
それがきっかけで社会とか、環境とか、色んなことについて考え始めるようになりました。

 

そんな中島さんがこの数年取り組んでいるのが、足助の周辺で獣害として駆除されたイノシシや鹿の革を活用する、ReFieldプロジェクトです。

足助にある「猪鹿工房 山恵」さんでは、獣害駆除される猪や鹿を加工してジビエ肉として販売しています。その山恵さんの協力のもと、肉処理の過程で出る獣皮を利用し、中島さんが素敵な革小物を制作しています。

 

 

中島さん 「ReFieldプロジェクトで鹿革のバッグとかを作るようになって、お客さんからも今までとは違うリアクションをもらえるようになりました。コンセプトに共感いただけることに加え、作品の個性を記憶に留めていただいている、という実感があります。

まだまだではありますが、少しずつ自分のやりたい暮らしに近づけている、という感じがします。こうして自分らしいやり方を探していく中で、自分が見つけたステキなコトを言葉にして、周りの人に伝えていけるといいですね。」

 

モノづくりに携わりながら、サスティナブルな暮らしを目指してチャレンジし続ける中島さん。
紅葉の季節、11月に行われる足助・香嵐渓のイベントにも毎年出店しています。

 

 

+++++

靴logi

WEB:https://kutu-logi.jimdo.com/
Instagram:@kutu_logi
Mail:kutu.logi@gmail.com
住所:〒443-0043 蒲郡市元町13-17
TEL:080-3623-4121

Cafe くらがり & Calm Glass / 岡崎エリア

 

岡崎市中心部から東へ、車を走らせること30分。
そこは額田地域。本宮山から流れ出る男川沿いにいくつかの集落が続きます。
ガラス作家の【CalmGlass】として活動する中條さんに、ナビゲーターとして、この地域のお店を紹介していただきました。

中條さんの拠点は、額田地区の中でも最も本宮山に近い、くらがり渓谷。
その入口にある「Cafeくらがり」の中に、工房があります。

 

 

“Cafe くらがり & Calm Glass / 岡崎エリア” の続きを読む

iwashikujira / いなべエリア

 

イラスト作家の【iwashikujira】(イワシクジラ)さん。
三重県桑名市出身の彼女が、いなべ市に住もうと思ったのは、実家からのよい感じの距離感と、イベント出店の移動に便利な立地でした。
ただ、いなべに興味を持ったきっかけは、今回のナビゲーターをつとめる金工作家の柴田望さんが企画した「いなべツアー」かもしれません。
それは観光視点では気が付かない、暮らしの中で見えてくる魅力のスポットを巡るローカルツアーでした。

 

 

“iwashikujira / いなべエリア” の続きを読む

hitotema 人手間 / いなべエリア

 

「ちょっとひと手間かけて つくる、つながる」 をコンセプトに、いなべ市、立田地区にアトリエをもつ『hitotema人手間』。
いなべ市に移住した、田中翔貴さん、久美子さんのお二人が、ワークショップの企画や、作品制作、展示などを行っています。

同じいなべ市に住む、今回のナビゲーターである金工作家・柴田さんと共にお話を伺いました。

 

 

“hitotema 人手間 / いなべエリア” の続きを読む

原 章展 / 足助エリア

 

三州足助屋敷。そこは田舎暮らしの知恵や素晴らしさを人々に伝える場所。
塩の道と言われた飯田街道の宿場町、旧足助町(現在は豊田市足助町)にある公共施設です。

 

 

愛知県三河地方と、信州伊那地方をつなぐ中継地でもあった足助町は、かつて塩問屋などの豪商が数多く、商業の中心として栄えました。そして現代は、全国的な紅葉の名所「香嵐渓」のある町として、11月には多くの観光客が訪れます。三州足助屋敷は、その香嵐渓の中心にあります。

“原 章展 / 足助エリア” の続きを読む

大塚くるみ / 岡崎エリア

 

「作家になるって、どういう道筋なんだろう」
皆さんそう思われたことはありませんか?

 

 

岡崎城から車で10分ほどの住宅地。自宅内の小さな工房にて、暮らしの器と、アート作品を作陶されている【大塚くるみ】さん。
陶芸作家になるまでのお話などご自宅のギャラリースペースにお邪魔してお聞きしました。 “大塚くるみ / 岡崎エリア” の続きを読む

MY HOUSE / いなべエリア

 

いなべ市北勢町、竜ヶ岳山麓の森に囲まれた集落に一軒のお店があります。
「MY HOUSE」。
大阪から移住した安田佳弘さんが、奥様の真紀さん、息子の凪くんと暮らしながら営む、雑貨カフェです。
雑貨カフェといっても、街にあるお店とは雰囲気が随分異なります。
展示販売される雑貨は、種、石、鹿の角を削ったもの。そして頭骨標本。

 

 

猟師でもある安田さんが、自然から得られる恵みを、自らの体験と視点で編集して人々に伝える場です。
「自然学校」も主催し、森の中から知恵を学び、子供たちの生きる力を育んでいます。

安田さんにその思いをきいてみました。
同じいなべに住み、今回のナビゲーターである金工作家、柴田さんを交えてのお話しです。 “MY HOUSE / いなべエリア” の続きを読む

ゆうき農園 / いなべエリア

 

地元いなべで育ち、一度は県外で就職した後、Uターンで戻り有機農業をはじめた「森友喜」さん。
若い移住者のサポートをしながら少しずつ農地を広げ、体験農業のしくみも取り入れながら、10年が経ちました。
ナビゲーターである金工作家の柴田さんと共に、農作業中の森友喜さんに思いを伺いました。 “ゆうき農園 / いなべエリア” の続きを読む

宮ザキ園 / 岡崎エリア

 

400年ほど前からお茶産地としての歴史を持つ岡崎の額田、宮崎地区。
江戸時代には徳川家によりお茶の栽培が推奨され、明治から昭和にかけては京都の宇治茶や静岡の川根茶に並ぶ三大銘茶として重んじられていました。

そんな宮崎地区で190年以上前からお茶の生産・加工・販売を行っているのが、「宮ザキ園」さんです。 “宮ザキ園 / 岡崎エリア” の続きを読む