MY HOUSE / いなべエリア

 

HOPE METAL CRAFTの柴田望さんにご紹介いただいた、いなべ地域の自然雑貨カフェです。
2018年8月に開催されたL.O.C.A.Lのイベントで出店されました。

———————

いなべ市北勢町、竜ヶ岳山麓の森に囲まれた集落に一軒のお店があります。
「MY HOUSE」。
大阪から移住した安田佳弘さんが、奥様の真紀さん、息子の凪くんと暮らしながら営む、雑貨カフェです。
雑貨カフェといっても、街にあるお店とは雰囲気が随分異なります。
展示販売される雑貨は、種、石、鹿の角を削ったもの。そして頭骨標本。

 

 

猟師でもある安田さんが、自然から得られる恵みを、自らの体験と視点で編集して人々に伝える場です。
「自然学校」も主催し、森の中から知恵を学び、子供たちの生きる力を育んでいます。

安田さんにその思いをきいてみました。
同じいなべに住み、今回のナビゲーターである金工作家、柴田さんを交えてのお話しです。 “MY HOUSE / いなべエリア” の続きを読む

ゆうき農園 / いなべエリア

 

HOPE METAL CRAFTの柴田望さんにご紹介いただいた、いなべ地域の有機農家さんです。
ゆうき農園さんは、いなべに移り住んできた人の家探しを手伝ったり、農作業のノウハウを教えたりなどもされています。
2018年8月に開催されたL.O.C.A.Lのイベントで出店されました。

————————–

地元いなべで育ち、一度は県外で就職した後、Uターンで戻り有機農業をはじめた「森友喜」さん。
若い移住者のサポートをしながら少しずつ農地を広げ、体験農業のしくみも取り入れながら、10年が経ちました。
ナビゲーターである金工作家の柴田さんと共に、農作業中の森友喜さんに思いを伺いました。 “ゆうき農園 / いなべエリア” の続きを読む

宮ザキ園 / 岡崎エリア

 

Calm Glassの中條健太さんにご紹介いただいた額田地区のお茶屋さんです。
6代目の梅村さんは、Cafeくらがりのオーナーと一緒に額田のサウンドフェスを立ち上げるなど、額田地域を盛り上げる活動をされています。
2018年8月に開催されたL.O.C.A.Lのイベントで出店されました。

———————

400年ほど前からお茶産地としての歴史を持つ岡崎の額田、宮崎地区。
江戸時代には徳川家によりお茶の栽培が推奨され、明治から昭和にかけては京都の宇治茶や静岡の川根茶に並ぶ三大銘茶として重んじられていました。

そんな宮崎地区で190年以上前からお茶の生産・加工・販売を行っているのが、「宮ザキ園」さんです。 “宮ザキ園 / 岡崎エリア” の続きを読む

夕方喫茶 / 岡崎エリア

 

Calm Glassの中條健太さんがご紹介する額田地区の喫茶店です。

——————–

くらがり渓谷へ向かう山道の途中に、ひっそりと佇む小屋。

お店の名前は「夕方喫茶」。その名前の通り、午後から日没まで営業するスタイルです。

落ち着いた雰囲気が表現されたステキな空間

 

店内は夕方の静けさを感じられるような落ち着いた雰囲気、すぐ外には深い森の景観が広がっています。
この素敵な空間を演出し経営しているのは、小倉友紀子さん。
元々は蒲郡のカフェで働いていたとのこと。なぜこの山の麓でお店を始めたのか、お話を伺いました。 “夕方喫茶 / 岡崎エリア” の続きを読む