つくりびと【Lightmill】

天然木に、シルバー、天然石、シェルなど異素材によるコントラストや立体感を加えることで、寄せ木の新たな可能性を追求するつくりびと。

海外での個展を経験し、暮らしの環境が異なる中で自らのクラフトをどのように届けるのかについて、多くの気づきもあったようです。

そんな作家からのメッセージ。

ブランド名の Lightmill(ライトミル)は、ドイツの伝統工芸品のなまえです。
真空管ガラスの中に黒い羽があり、光を受けると黒い羽が熱膨張し、回転する単純な構造でできています。
光エネルギーが運動エネルギーに変換されているわけです。

光があれば…

これが Lightmllの基本テーマになっています。
創作活動にとっての光は「ひらめき」です。そのハッとする感覚を、お客様と共有できれば素敵ですね。

作り手の「ひらめき」から生まれ、作品となったデザインは、使う人の動きを引き出します。

作り手にとって、自分の作品がどのように使われているのかを想像するのは、ある種の喜びです。自らのデザインが、お客様の暮らしの中でどのような動きを引き出しているのか。。。

さりげない装身具が、皆様の暮らしの中で素敵な「動き」や「光」となりますように。

 

つくりびとたちの紹介動画はこちらからどうぞ!