大学からの風 …..名芸出身のつくりびと…..

名古屋芸術大学(NUA)の学びから生まれたアート&クラフト。若手の卒業生4名が参加するエリアです。

この企画はNUAのアート&デザインセンターのご協力を得て実現しました。「大学からの風」を感じていただけるブース展開です。

アートやクラフトを学ぼうとする若い方々が、若手OBが活躍している様子を販売現場で感じ、モノづくりで暮らしていくための「学びの出口」を体感する。

そんな場になればと思います。

 

……出店者の紹介………

 


[ mame ] インテリアトイ

彫刻家として活動しながらフィギュア作家としても活動。彫刻とフィギュアのどちらも制作をする事で、互いに新しい表現、カタチを追い求めた制作をしています。

今回は日本のカルチャーとして注目されつつあるソフビ(ソフトビニール製人形)を用いたインテリアトイを中心に展開をします。

 

 


[ 近藤 萌 ] 花と植物

モノ、人、自分自身がそこに存在する意味はなんだろう?

”生と死”をテーマに、自身の醜い部分や感情などを花、植物を用いて表現しています。それとは対称的に、自然の美しさをそのままに表現することをコンセプトにした、アクセサリーと雑貨のブランドIsis -Beauté naturelle-も展開。

 

 


[ 渡邉 明衣 ] ガラス

ガラスを利用したオブジェと、ピアスやイヤリング等の小作品を制作しています。多種に亘るガラス選び、それぞれの特性を活かし一つ一つ心を込めて作っています。

私から生み出されるガラス表現で、もっとガラスの魅力を知って頂き、もっとガラスの可能性を感じて頂けますように・・・

 

 


[ mgm ]  手織り

個性を出したい、人と違う物を身に付けたい、そんな人に向けた生地作り。『少しの個性をテキスタイルに』をコンセプトに布を制作。手織りの生地は産地で厳選した変わり糸を使い、繊物から縫製まで一人で行っている作品です。

大学からテキスタイルを学び、インテリア関係の社会企画部に所属。その後、退職し、もっと面白い生地を! と、2020年からmgmとして活動。