Glass Trip 〜旅するガラス〜

吹きガラスとバーナーワークで、オブジェや器、アクセサリーを制作する【Glass Trip〜旅するガラス〜】。

海や森など自然をモチーフにしたガラス作品が並びます。

「私自身は自然に恋焦がれているだけなのですが…」と語る、作家からのメッセージ。

自然に憧れを抱くようになったのと同時にガラスとの出逢いがありました。

1996年の夏。 都会育ちの私が、海や森に住む生き物たちに恋焦がれ、野生のイルカに逢ってみたいと「東京都 小笠原諸島 父島」へ。

そこで「吹きガラス」に出逢いました。

自然への果てしない憧れを 小さなガラスに込めていく。

約3500年も前からあるガラス。そんな古代のガラス作品を目にした時にふと思う。

この小さなガラスがどんな人の手に渡り、どんな旅をしてきたのだろう。

想いを込めて作ったガラスたち、誰かの手に渡った時、ガラスの旅が始まる

『地球を旅し、時間を旅するガラス』

作品に触れた方が、地球にやさしくなれるきっかけになってもらえたら… そんな大きな願いも込めて制作しています。