atelier Yazd

鞄生産の現場で制作の技術を学びつつ、制作ユニットでの活動を経て、2012年から地元、三重県名張市の工房でスタートした【atelier Yazd (アトリエヤズド)】さん。現在は、伊賀市に移住し制作を続けています。作家からのメッセージです。

 

「Yazd ヤズド」は、イランの旅で感銘を受けた街の名前から頂きました。

イランで出逢ったキリム絨毯の柄からのモチーフと、その意味をこめた刺繍を商品のどこかに刻んでいます。

日常の生活の中で浮かんだ好きなカタチを投影し、「見て、持って、楽しくなる」をテーマに制作しています。
革の他に、綿や麻など天然の素材の生地、デッドストックや古裂素材などを組み合わせて、その時々の最善のコトを積み重ねて、しっかりとお作りします。

修理等のメンテナンスもお受けしますので、長くご愛用頂けます。どうぞ、お気に入りを探しにお越しください。


<作品画像はイメージです